2011年11月02日

トークイヴェントと弁士付の上映(大阪)

第七藝術劇場「予告する光」(11月12〜25日)の会期中、現在決定しているトークと弁士付の上映は以下の通りです。

11月12日(土曜) Aプログラム9作品を21:00〜上映後、オープニングトーク。
出演=吉増剛造他。

11月14日(月曜) Cプログラム6作品を21:00〜上映。吉増剛造が生出演で弁士を務める「黒衣の小声」ヴァージョン*の上映。

11月15日(火曜) Dプログラム6作品を21:00〜上映後、トークイヴェント。
出演=金時鐘(詩人)+吉増剛造+八角聡仁(批評家)

*「黒衣の小声」ヴァージョンでの上映では、吉増剛造が出演。弁士付と称して、自らスクリーン脇にたたずみながらの上映を今年の夏のポレポレ東中野で6回行ったのですが、その度ごとに徐々にスタイルがかわり、現在はその完成形(?)として、「黒衣の小声(くろごのこごえ)」と名付けられています。言語と映像を往還する詩人の試みをぜひご体験ください。

以下の画像は、Aプログラムで上映されるgozoCineの代表作の一つ《エッフェル塔(黄昏)》より。
2006年作品、5分。

e07s.jpg




posted by gozocine at 19:40| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。