2011年11月09日

近畿大学で特別講義

京都造形芸術大学に続いて、近畿大学でも「予告する光」開幕前日に吉増剛造
による特別講義があります。近畿大学文芸学部主催の文芸フェスタの一環とし
て行われる学内の催しです。


吉増剛造講演会
「もののかたりのね(根、音……)の方へ」

日本を代表する詩人として現代文学の最前線で活躍する吉増剛造が、gozoCineの
上映を交えて、コトバとイメージとカタチをめぐる根源的な問いと場所と行為に
ついて語る。(進行=八角聡仁)

2011年11月11日(金)
午後4時半〜6時半
近畿大学 EキャンパスA館301教室


以下の画像は《阿弥陀ヶ池、折口さん――》より
第七藝術劇場ではDプログラム、11月15日、18日、23日のに上映されます。
折口信夫ゆかりの阿弥陀ヶ池、八坂神社境内、そして暮れなずむ通天閣に至る全
篇大阪ロケ作品。

阿弥陀ヶ池、折口さん--(1).jpg
posted by gozocine at 21:39| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。