2011年11月14日

仰ぎ見られるものたち 塔

塔、塔の形状をした被写体、あるいは駅舎や木々や空を仰ぎ見るカメラワー
クはgozoCineの特徴の一つでもありますが、ここでは具体的に「塔」が登場
する作品をいくつかご紹介してみます。

《エッフェル塔(黄昏)》
エッフェル塔という被写体は、gozoCineのように実験的な映像作品にしては
あまりにつきなみだと思われるかもしれません。けれども夕暮れの2006年11
月の雨のパリ、gozoCineのカメラは、これまでに映画で記録された無数のエッ
フェル塔のイメージを超えて、「都市の精霊」の宿る官能的なエッフェル塔
に出会うことになります。それもタクシーの助手席から!

《Strasbourg、いけぶくろ》
パフォーマンスの内側から、詩人自身が出演するいくつかのパフォーマンス
の様子が映し出される作品ですが、その途中に、通天閣と新世界の光景が挟
み込まれています。そして大阪の街中のシーンでは、2008年2月に亡くなった
釜ヶ崎の詩人・東淵修の姿が一瞬とらえられています。『銀河詩手帖』を主
宰する東のイヴェントに2007年に参加したときに撮影された通天閣です。

《阿弥陀ヶ池、折口さん――》
終わりに近いシーン、暮れなずむ時刻に、タクシーの車窓から通天閣が仰ぎ
見られる。そういえば、エッフェル塔の映像もタクシーからの姿でした。

《芭蕉さん――終焉》
この6分の映像は、通天閣が主人公。いくつかある芭蕉をテーマとした
gozoCineの小品に登場する、「奥の細道」の作者の没した地・大阪を象徴す
る通天閣。それのみならず吉増剛造の大阪での歩行、それは芭蕉に重ねられ、
折口の歩行に重ねられ、さらには、二十歳のころ大学を中退してやろうとい
う気持ちを抱きながら、釜ヶ崎のドヤ街の二畳間に三ヵ月逗留した詩人自身
の記憶にも重なっているはずです。

《光の棘、Frank Lloyd Wright》
フランク・ロイド・ライトへの詩人の関心はふるく、『緑の都市、かがやく
銀』では「フランク・ロイド・ライトの建築写真を二冊ほど、時間をかけて
眺めていると、差し込んでくる柔かい光や風のそよぎさえも頬に感じられ……」
と、建築の写真からですら、自身の肉体が吸い込まれていく感覚を述べてい
ます。著名なタリアセン・ウエストを訪ねライトのヴィジョンに触れた後、ラ
イトのデザインを基に作られた街中で青く光る塔の夜景で、このライトに捧
げた映画は締めくくられています。

《Watts Towers――とうとうこうして海が亡びて行く、その歌としての貝殻
の塔、……》
Watts Towersは、一つの塔ではなく、いくつもの塔から構成された建造物で、
ロサンゼルスのスラム街、ワッツ地区で暮らしていたイタリアからの移民、
サイモン・ロディアが、設計の知識もなしに自力で作り上げたことで知られ
ています。構造は鉄筋とコンクリート、そして装飾は拾ってきた壜や貝など
がコンクリートに埋め込まれています。一時は、不法建造物として壊されそ
うになっていましたが、1965年にロディアが没した後にその価値が認められ、
いまでは歴史建造物として保存されています。吉増剛造がこの塔を知ったの
は、美術評論家・東野芳明氏の記述と写真を通してでした。折しも2011年3月
25日、福島の事故がニュースで報道されるロスで、詩人はロディアの夢の跡、
Watts Towersの貝殻たちの歌聞くことになります。


以下の画像は《Watts Toswers》より
第七藝術劇場ではAプログラム、11月12日(終了)、20日、24日に上映されま
す。
http://gozocine.info/program.html

WattsTowers05.jpg
posted by gozocine at 22:34| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。