2011年11月24日

世田谷文学館で朔太郎をめぐるgozoCine上映

世田谷文学館で開催中の「生誕125年 萩原朔太郎展」最終日前日となる2011
年12月3日、吉増剛造によるレクチャーと朔太郎をめぐるgozoCine数作品の上
映が急遽決定しました。

上映が予定されているのは下記の6作品。映像制作と並走しながら深められて
いく、吉増剛造による朔太郎詩篇「精読」のありようを知るまたとない機会に
なることでしょう。

 2011年12月3日(土)14時〜(13時30分開場)
 出演 吉増剛造
 世田谷文学館 2階講義室
 参加費無料/予約不要

 上映予定作品
 《朔太郎フィルム日記》(8分、2007年)
 《道路(みち)の遠近を忘れたり――津田新吾さんを悼みつつ》(18分、2009年)
 《利根(タンネ)――朔太郎の》(2分、2009年)
 《赤城山――朔太郎の》(8分、2009年)
 《アメリカ、沼澤地方、……》(7分、2011年)
 《太古のおもいで――『猫町』》(19分、2011年)

詳しくは同館ホームページでご確認ください。
http://www.setabun.or.jp/


画像は、《赤城山――朔太郎の》より

赤城山 朔太郎の01.jpg

posted by gozocine at 23:50| 大阪 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のご連絡で申し訳ございません。
宮崎佳代子と申します。

2012.12.27(木) 新宿 PIT INN での大友良英さんとのDUOの際に
記録としてビデオを撮らせていただきたいのですが
どちらへご連絡をしたらいいものかわからず、
こちらにご連絡をさせていただきました。

大友さんには、ご許可をいただいております。
お忙しいかと思いますが、メールをいただけましたら幸いです。

勝手ではございますが
このコメントをご覧いただけましたら削除をお願いいたします。

よろしくお願いいたします。
Posted by 宮崎佳代子 at 2012年12月18日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。